関東社会人サッカー大会 群馬県勢試合結果


■群馬教員SC 1-3 フットワーククラブ(神奈川第二代表)

前半は両チーム共に決定機を活かすことができず0-0で折り返すものの、後半31分に15番・栗原智彦がゴールを決め先制。 しかしその直後に同点に追い着かれると、集中力を切らしてしまい立て続けに失点。 本来の群馬教員SCの実力を考えると思わぬ敗戦。 これにより群馬教員SCは初戦で敗退する結果に。

 

■O.F.C 1-2 Criacao(東京第一代表)

第一試合で群馬教員SCが敗退してしまったために、群馬県勢の勝ち上がりはO.F.Cに託すことに。 しかし固さから本来のプレーができず、試合開始からCriacaoが試合の主導権を握り9分に先制を許す。 しかしその後は徐々にペースを掴むと、前半30分にPKを獲得。 これを17番・堤祐紀が決めて同点に追い付き後半へ。 後半に入り攻めこむ場面も徐々に見え始めるものの、後半19分に追加点を許し、その後得点は動かず試合終了。 O.F.Cも初戦で敗退し、群馬県勢の二回戦進出はなりませんでした。

またこの結果により、7位山名クラブ・8位藤岡キッカーズの降格が決定。 両チームは群馬リーグ2部にて来シーズン戦う形になります。 参戦された群馬教員SC・O.F.Cのスタッフ・選手の皆様、本当にお疲れ様でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter

kobayashi didea tomoya hanabishi-logo2 S__23273482

グラフィック
旭建設株式会社
株式会社五光
有限会社ヤマウラ
東日本さくら印刷
アネックス・トラック
高井精肉
ワールド・インテック
フットウォーズ
昭和製造
岡谷組
国武工業
ダイニングバー縁
山陽酒蔵
NPO法人たいようのうた
アルファ企画

ページ上部へ戻る